痩身エステで行われるカッピングの効果とメリットとデメリット

 

痩身エステ体験する前のチェックポイントダイエットを行う場合には、運動や食事に気をつけることは当然ですが、頑張っても痩せられないというときがあります。
そんな時に利用することをおすすめするのが、痩身エステです。文字通り痩身を目的としたエステで、様々な方法によって脂肪燃焼をしやすくしたり、老廃物の除去などを行うことができるコースになります。また、美容のプロであるエステティシャンにダイエットに対してのアドバイスをもらえます。
痩身エステのメニューの一つがカッピングという施術です。
カッピングとはアジアだけではなく、世界各地で昔から行われてきたマッサージの一つで、背中やお腹、腕などに真空状態の容器を複数置き、体内、特に肌の表面近くにある毛細血管に滞っていた粘度が高く血行が悪くなった状態の血を吸い上げる療法になります。
種類は様々で、アルコール類を容器に入れてその吸引力を利用した方法や鍼を刺したまま行う方法、容器を素早くはめたり引き抜いたりを繰り返す方法、オイルを塗った肌の上でしばらく放置した後に肌の上をスライドさせる方法などがあります。
様々な方法がありますが、基本的にはヒートマットやジャグジーなどで体を温めた後にベットに横になり、血行が悪くなっている箇所や気になる部分に真空状態になったガラスやプラスチックせいの容器を置いて行っていきます。
痩身エステの場合には、東洋医学に基づいた痩身に効果的なポイントに置いて、容器を外した後は痛みが残らないようにもみほぐすという施術が基本になります。
具体的なメリットとしては血流を改善することによって手足の冷えや肩こりなどを改善していくことができます。血流が良くなれば低下していた基礎代謝を向上させることができるようになり、効率的に脂肪を燃焼できるようにあることで痩せやすい体質作りにつながります。
デメリットとしては、血行が良くなることによって好転反応が起こる可能性があります。血液の流れが良くなることで全身のかゆみや疲労、眠気やふらつきなどを引き起こすこともありますが、これは一時的なもので行っていくうちに改善されます。
また、大きなデメリットとしては費用の高さと、跡が残ってしまうということが考えれます。施術した場所が大きなあととなってしまい2?3日程度残ります。肌の状態によっては10日以上も残ることがあります。
旅行や海に行く時などは、その時期を避けてタイミング見計らって施術をすることが無難です。

オールハンド痩身エステの効果とメリットとデメリットについて

エステサロンの痩身エステには、さまざまな種類の施術がありますが、大きく分けると痩身機器を使用した施術とオールハンド、機器とハンドを合わせたp施術に分けられます。

 

オールハンドのエステは、その名前の通り、全て施術者の手によって施術が行われます。
マッサージにはいくつかの種類がありますが、どのマッサージにも血液とリンパの流れを促進し、むくみの改善効果が期待でき、また、脂肪を移動させることでボディラインを整える作用があります。

 

痩身エステ体験する前のチェックポイント
オールハンドで痩身エステを受けるメリットは、施術者が直接体に触れるので、体のゆがみ具合や、脂肪のつき方や固さなどを感じとり、その人に合った施術を行うことができるというメリットがあります。
細かなところまで手が届き、強弱の調整もできるので、機器で施術を受けるときは痛いと感じても調整が難しいときがありますが、ハンドは痛いと感じたときは、そのことを施術者に伝えると、すぐに調整してもうらことができます。

 

また、人の手に触れられると、手の温もりや安心感を感じることができるので、心身ともにリラックスをすることができ、ストレスも緩和されます。
ストレスが緩和されると、ダイエットにも良い影響が出るので、相乗効果を期待することができるというメリットもあります。

 

オールハンドの痩身エステには、メリットだけでなく、デメリットもあります。
デメリットとしては、ハンドの施術は、その人に合った施術を行うことができますが、施術を行う施術者の技術によって効果に差が出てしまうという点があげられています。
機器であれば誰に対しても同じ施術を行うことができますが、ハンドは技術により差が出てしまうので、経験豊富で技術力がある施術者の施術でなければ、効果が実感できない場合があります。
また、熟練の施術者の施術を受けたいときは、1日に施術を行うことができる人数が限られているため、予約がとりにくく、料金が高額になることもあります。

 

ハンドの施術は、強弱の調節ができますが、強い痛みを伴うことも少なくはありません。
特に脂肪の塊であるセルライトを揉み解すときには、ある程度の力が必要になるので、強い痛みを伴うことがあります。
我慢できないほどの痛みを感じたときは、調節が可能ですが、満足がいく結果を得るためには、強い痛みを伴うことがあるということを理解しておきましょう。

 

オールハンドと機器を使用した施術のメリット、デメリットをしっかり比較をして、自分に合った施術を選びましょう。

また最近ではハンドマッサージと キャビテーション による施術を組み合わせた痩身エステも増えているようです。