痩身エステでの揉み返しの原因とその対策について

 

痩身エステでの揉み返しの原因とその対策について美しくなりたい、痩せたいなどという目的で痩身エステを受けても、施術後に揉み返しが起こると再度エステを受けることをためらってしまいます。痩身エステで揉み返しが起こる原因として、強すぎる刺激受けたことで筋繊維が傷ついて脳や首の血行が悪くなることが考えられます。血行が悪くなると脳へ十分な血液が送られずに頭痛などの原因にもなります。強すぎる刺激には個人差があり、強めの刺激が好きな方は刺激が強くても負担を感じることはありませんが、強い刺激が苦手な方は負担に感じて揉み返しが起こる可能性が高くなります。その他の原因としては、からだの症状にあったマッサージを受けられなかったことが考えられます。肩こりや筋肉疲労は強めのマッサージを行っても症状が悪化することはありませんが、神経の圧迫や骨の損傷などによる不調の場合には強めのマッサージが合わないことがあります。また、マッサージにより蓄積していた老廃物が一気に揉みほぐされてリンパや血行の流れが解消されるため、だるさやねむけなどの症状が起こります。しかしこれは好転反応と言い、揉みほぐされた老廃物が体外に排出されることで揉み返しの症状が落ち着いてだるさも解消されることがほとんどです。

 

 

対策としては、強すぎる刺激によって筋繊維が傷ついて不調を引き起こしている場合は筋肉痛が起こった時と同じように冷湿布などで冷やすようにします。お肌の敏感な方は湿布を張ったままにしておくと肌荒れを引き起こす可能性があるので、肌荒れが心配な方は15分程度を目安に冷やすことがおすすめです。からだが冷えたり血行不良によって引き起こされている場合は、痛みのある部分を温めるようにします。温めることで凝り固まった筋肉をほぐして血行を促進するので症状の緩和につながります。老廃物が排出されているために起こるだるさなどの症状は特に心配はありませんが、老廃物を排出するために白湯を飲んだり熱すぎないお湯にゆっくりとつかることで血行が促進されて狼狽物の排出も促されます。揉み返しが起こっているときは、お酒をのんだり夜更かしをしたりとからだに負担のかかる行為は避けて、十分な睡眠をとってたまった疲れをとってあげることが大切です。また症状がひどい場合には、マッサージを受けたエステサロンに連絡して対処法を聞くなどして専門的なアドバイスを聞くことがおすすめです。原因や対処法を知っておくことで症状を緩和したり予防することができます。